選び方を学習|狭い部屋にベッドを置くならフロアーベッドがおすすめ!

フロアーベッド選びのちょっとしたポイントを押さえておく

色々な基準

ベッド選びの基準と言っても、様々です。基本となるのがサイズやデザインでしょう。ここではベッド選びの基準を簡単にお教えしていくので、目を通しておくと自分にピッタリのフロアーベッドが選べるようになります。

選び方を学習

女性

2つに分ける

ベッドというものは、フレームとマットレスの2つに分けて考えることができます。フロアーベッドを購入するなら、まずフレームとマットレス、2つの選び方を覚える必要があるのです。フレームとマットレスのどちらかが間違っていたりすると、良質な睡眠を得ることができなくなるので注意しましょう。

フレームの形状

主にサイズの話になってきますが、大人一人の場合ならシングルベッドで十分です。ゆったりと使いたいならセミダブルを利用しましょう。ダブルなら、大人2人でも問題なく寝ることができます。もっとゆとりが欲しいならクイーンがベストでしょう。また、大人2人と子供一人なら、キングサイズが適切です。

ヘッドボードのデザイン

ベッド選びでも重要なポイントとなるのがヘッドボードです。シンプルなデザインのものから、機能性に富んだデザインのものまで様々でしょう。できるだけコンパクトなフロアーベッドが欲しい場合は、シンプルなタイプが適しています。ベッド周りに小道具などを置きたい方は、機能性の高いヘッドボードを選ぶようにしましょう。

マットレスの硬さ

マットレスは硬さで選ぶのが基本となります。例えば、腰に痛みを抱えている場合、マットレスは固めが適切です。柔らかいマットレスだと、体が深く沈み込んでしまい、腰にかかる負担が増えてしまいます。余計に腰痛が悪化する原因となるのです。固めのマットレスだと、腰痛持ちの方でも寝返りが打ちやすいので快適な睡眠が取れるでしょう。

スプリングの種類

マットレスのスプリングは大きく2種類に分かれます。大人一人でフロアーベッドを利用するなら、横方向にもスプリングが連結されており、硬さも十分なボンネルコイルが適切です。2人でベッドを利用する場合は、スプリングが独立しており振動を吸収してくれるポケットコイルが最適だと言えるでしょう。

ベッドの基礎知識

女性

選び方を学習

フロアーベッドを購入するなら、自分に合ったベッドを正しく選ばなくてはなりません。このページを覗いておけば、失敗することもなくなるでしょう。

READ MORE
眠る人

素材の種類

ベッドフレームは、ベッドを語る上でとても重要なポイントとなります。ここはベッドフレームの種類を紹介しているページなので、目を通しておきましょう。

READ MORE
広告募集中