狭い部屋にベッドをおきたい方はフロアーベッドを!

ベッドを利用したい

部屋が狭いと、ベッドを利用することができないと思っている方も少なくありません。圧迫感が気になっている方も多いのです。このような場合は、ショート丈のフロアーベッドを利用すると良いでしょう。空間も圧迫しないので、おすすめです。

狭い部屋を攻略

ベッド

圧迫感をなくす

基本的に、ベッドを部屋に置くと圧迫感を感じるという方も少なくありません。一般的なベッドは背が高いので、空間が狭く感じてしまうからです。ですが、背の低いフロアーベッドを利用することで、空間にゆとりをもたせることができるようになります。

利用するならショート丈

通常のベッドだと、長さが195センチ、幅が100センチ程です。これをショート丈にすれば、長さが180センチで幅が85センチ程にまで抑えられます。幅に関してはそのまま100センチ程でも利用できるでしょう。見た目以上にコンパクトになります。

ソファーと兼用

ベッドをソファーと兼用することで、部屋から無駄なインテリアを排除することができます。一般的にクッションなどの背もたれを利用することが多いでしょう。フロアーベッドなら高さも低いので、ソファーとして丁度いい高さで利用することができます。

1つのベッドから2つのベッドへ

大きなフロアーベッドで、家族全員一緒に寝る家庭もあるでしょう。しかし、子どもが大きくなると添い寝をしなくなってきますよね。そんなときに便利なのが、分割できるフロアーベッドです。買い直さなくても、そのまま2台に分割できるので便利。まだ、子どもが小さい家庭にはこういったベッドがピッタリでしょう。狭い空間を賢く有効活用することが出来ます。

机などにも工夫

狭い部屋のスペースを有効に利用する方法として、折りたたみ式の机を利用する方法があります。壁と一体になっているタイプだと、必要ない時には違和感なく閉まっておくことができるでしょう。テーブルや椅子などのインテリアも、収納しやすいタイプの物を選ぶと、フロアーベッドとマッチしやすくなりますよ。

ベッドの基礎知識

女性

選び方を学習

フロアーベッドを購入するなら、自分に合ったベッドを正しく選ばなくてはなりません。このページを覗いておけば、失敗することもなくなるでしょう。

READ MORE
眠る人

素材の種類

ベッドフレームは、ベッドを語る上でとても重要なポイントとなります。ここはベッドフレームの種類を紹介しているページなので、目を通しておきましょう。

READ MORE
広告募集中